年間100組近くのカップルと接する機会がある

ブライダルカメラマン(結婚式カメラマン)の

僕から見た、

 

「離婚しやすいカップルの特徴」

を5つご紹介していきたいと思います。

 

◆本記事のテーマ

これらの特徴を把握して皆さんも

お気をつけていただき、

より良い夫婦生活を送っていただければと思います。

 

◆本記事の内容

 

①夫のエスコートが出来ていない。

 

②妻が夫を尊敬していない。

 

③夫が無関心

 

④プロポーズをきちんとしていない

 

⑤夫側が強い

 

 

 

 

 

 

◆記事の信頼性

 

記事を書いている僕は、

ブライダルカメラマンとして

半日または1日中(8~12時間)つきっきりで撮影をしております。

 

そんな中で、二人のパーソナルな部分まで

見えてくることが多くあります。

(2019.03.21に入籍した新婚です。)

 

 

また私自身いわゆる「愛妻家」でして

夫婦円満の為にはどのようにしたら良いのか?

 

そんなことを本などで勉強中です。

また夫婦仲良く、一緒に仕事をしております。

 

 

◆読者さんへの前置きメッセージ

 

本記事では「カメラマンから見た夫婦」を書いてきますので

「なるほど、確かにそうだな〜」と今パートナーがいる方は

参考程度にしていただければと思います。

 

彼、彼女とのその後のイメージまでも

できるようになると思います。

 

 

では早速見ていきましょう。

 

①夫のエスコートが出来ていない。

 

まずはここでしょう。

男性側が「女性を守ってあげる」

と言うスタンスが一切見えない夫婦は長続きしないでしょう。

 

例えば、夫がきちんとエスコートのできる人であれば、

このような自然と手を繋いだショットを撮影することができます。

 

また新婦手紙のシーンできちんと

新婦の腰を支えてあげている新郎は

間違いなくいい旦那さんです!!

 

 

これは男性側だけの問題ではなく、

女性側の態度や教育によっても

男性側がエスコートするかしないかは

決まってくると思いますので、

 

「エスコートができる男性」

を育てるのも女性であると僕は思います。

 

 

②妻が夫を尊敬していない。

 

2つ目が妻が夫を雑に扱ったり、

全く尊敬されていない様子を見ると

 

「この夫婦大丈夫かな!?」

 

と感じます。

 

もちろん尊敬されない態度をとってきた男性にも

問題があります。

 

 

子供が生まれた時、

父が母に尊敬されていないと

子供にも悪影響が出てくるのではないでしょうか?

 

家庭という村の中で

「尊敬できるリーダー」が父でないといけません。

 

母親が父親を馬鹿にする家庭は必ず崩壊していきます。

 

 

 

③夫が無関心

 

「結婚式の準備いっさい手伝ってくれなかった」

 

よく新婦さんから聞く言葉です。

 

これはかなり問題で、

「二人の式」という認識がなく

無関心な男性が多いのです。

 

 

離婚理由に

「彼が結婚式準備に全く協力的じゃなかった」

というのもよく聞きます。

 

(結婚準備ができないほど、仕事が忙しい日本の労働環境も悪いのですが。。)

 

逆に協力的な人は式も良いものになって

すごく幸せしそうです!!

 

 

 

 

④プロポーズをきちんとしていない

 

 

次にあげられるのが、プロポーズの有無です。

 

なんとこの日本には20%以上のカップルが

「プロポーズなしでの結婚」

をしております。

 

また離婚経験者の約5割は

プロポーズなしでの結婚というデータも出ております。

 

 

僕にとっては信じられないことなのですが

事実「プロポーズをされていない」

と僕に愚痴をこぼす新婦さんも多くいらっしゃいます。

 

 

流れでタイミングを失ったり、

恥ずかしかったりするかもしれませんが

女性の大半はプロポーズをされたいはずです!!

 

していない男性は今からでも遅くないです!!

プロポーズは二人の絆を深めるいい機会です!!

 

 

 

 

 

⑤夫側が強い

 

いわゆる亭主関白ってやつです。

 

現代の女性は大っ嫌いかと思います。

 

 

離婚理由で一番多いのが、

「亭主関白を気取って妻を大事にしないこと」

です。

 

夫が妻に意見をすることは大事ですが、

結婚したら男は大人しく妻に従った方が

家庭は安泰です(笑)

 

 

結婚式の最中も

新婦に対してあたりが強い新郎を見ると

「この先大丈夫かな??」

と思うことが多々あります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

撮影中にそのカップルの関係性がすごくよくわかる。

 

長い時間二人と接していることもあり、

夫婦の色々なことがわかってきます。

 

 

また上記5つの点からお分かりな通り

 

最近の女性は

「男らしさ」や

「俺様気質」を嫌う傾向にあります。

 

皆さんも「男らしさ」を履き違えることなく

妻を「女性」として大事にすることで

夫婦円満になっていくのではないでしょうか?

 

 

(うちは妻が強すぎて逆らえません。。。。)

 

 

 

普段はウェディングフォトグラファーとして

写真を撮影しています。

 

 

Instagramもぜひ登録してください♪

 

Instagram