前撮り撮影をお考えの方の中に

「前撮り雨が降ったらどうしよう。。」

とお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

今回はこの疑問にお答えしていきます。

 

◆本記事のテーマ

前撮りをお考えの方に雨や曇りなどの悪天候時にしか

撮れないお写真のご紹介と

 

雨天時のメリット、デメリットをお話ししていきます。

 

 

◆記事の内容

 

①実は晴天時は写真が撮りずらい!?

 

②曇りでの撮影はメリットが多い?

 

③雨天時のメリットはナイトフォトにあり!!

 

④結局撮影に向いていない天気って?

 

 

◆記事の信頼性

記事を書いている僕は、

ウェディングフォトグラファー歴4年目で

年間100組近くご依頼を頂いております。

 

全国放送でのテレビ番組に出たり、

Instagramでのフォロワーは1.1万人を誇るなど

多くの花嫁さんにご支持いただいております。

 

 

◆読者さんへの前置きメッセージ

本記事ではカメラマン目線で

「前撮りを撮影したいけど、天候が心配だ」

と言う方向けに書いています。

 

この記事を読むことで

撮影時期の提案ができたり、

悪天候への不安が解消されると思います。

 

 

では早速見ていきましょう。

 

 

①実は晴天時は写真が撮りずらい!?

 

実はカメラマンとして

晴天時の撮影が1番難しいのです。

 

特に12時などは太陽が真上にあり

顔の強い影が出てしまい

写真全体が固い印象になってしまうのです。

 

なので私たちは前撮りは

14時以降から撮影を開始しております。

 

12月下旬 16:00頃

 

西日は上手く使えば

ドラマチックに写すことができます。

 

 

 

 

 

 

②曇りでの撮影はメリットが多い?

 

①でもお話ししたように写真は曇りの方が

影の少ない柔らかな写真が残せることができます!

 

ここで

「曇りの日は暗くないですか??」

 

と言う疑問が生まれてくるかと思います。

 

 

大丈夫です!!

現代のカメラは暗いところを

明るく写すなんて朝飯前なのです!!

 

この日もかなりの曇り空で、

iPhoneではかなり暗く写ってしまう状態でした。

 

また編集技術を使い、このような曇りで暗い写真も

編集ソフトを使えば、、、

このように明るく色鮮やかに写すことができるのです!!

 

このように曇りは柔らかい表現ができるメリットがあり

写真もカメラと編集技術で

かなり理想に近づけることはできます。

 

 

ただ、カメラマンの撮影技術、編集技術によって

仕上がり具合は様々です。

 

なので依頼の際はそのカメラマンの

加工のテイストを確認しましょう!!

 

 

③雨天時のメリットはナイトフォトにあり!!

 

では雨天時の撮影について

お話ししていきたいと思います。

 

雨天時の撮影は正直なところ、

昼間はかなり雨が邪魔です。

 

傘をさして、撮影するタイミングで傘を外す。

 

この作業をしていくので

撮影自体が少し大変だったりします。

 

しかし、雨の中でのナイトフォトは

「一生部屋に飾れる」圧巻の写真に仕上がります。

 

この日は小雨でしたがバックに綺麗な雨粒が!!

 

まるでディズニー映画のようなお写真に仕上がります。

 

このように雨の日でしか撮れない

素晴らしい写真を手にすることができます。

 

なので当日の天気予報で雨予報でも

気に病まずいただけるのではないでしょうか?

 

 

 

④結局撮影に向いていない天気って?

 

結論からお伝えいたしますと、

 

撮影が困難な状況は

 

「強風」+「雨」です。

 

雨だけですと、傘をさしながら撮影を行えるのですが、

「強風」も加わると撮影が難しくなります。

 

またせっかくセットした髪型が崩れてしまったり、

表情もこわばったりと

「強風」には多くのデメリットが存在します。

 

ですので撮影前の天気予報は

「風が何メートル吹いているのか?」

に注目してみてはいかがでしょうか?

 

僕の感覚ですと

風速11メートルを超えてくると撮影が難しいです。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

Instagramもやっておりますので

是非追加お願いいたします♪

 

Instagram