こんにちは。

フォトグラファーの仲道です。

 

今回は先日の撮影で起こった出来事を

お話ししていきたいと思います。

 

 

「私たちのカメラマンは絶対に仲道さんしか考えられない」

 

そうおっしゃていただき

遠い福岡からご依頼をいただきました。

 

 

実は、新婦さんのお父様がガンで闘病中で

「勇気づけたい」

そんな想いから始まったお式だったそうです。

 

残念ながら、お式の前に

お父様は亡くなってしまったのですが、

 

「バージンロードをお父さんとお母さんと歩きたい」

 

そう決意をされ、式を止めるのではなく

決行されることになったそうです。

 

 

そんな想いの詰まったお式に

 

「人生に寄り添う写真が欲しい」

 

 

私にご依頼を頂きました。

 

いつも全力ですが、

この日の撮影はより一層力が入りました。

 

私自身、20歳の時に

ガンで闘病をして

部屋に飾っていた写真からパワーをもらいました。

 

今度は、私の写真でみんなの人生を支えたい。

 

そんな想いでこの仕事に取り組んでおりました。

 

 

今の時代、フォトグラファーで溢れ

効率化、価格競争が激しい中

 

私はこの「想い」の部分を大切に

活動を続けておりました。

 

そんな中、エンドロールで

私へのメッセージがあり、

撮影中に涙が出てしまいました。。

 

(もちろん鼻水流して撮影を続けていました笑)

 

 

僕の人生が報われた瞬間でした。

 

このようなことがあると

 

僕が闘病した辛かった過去も

今の写真につながり

それによって幸せになる人がいる。

 

だからあの時に経験できて

良かったなって今は思える。

 

辛い経験も過去も

自分の生き方次第で

 

「ストーリー」

 

になるんだって強く強く思う。